体・健康豆知識

2017年8月29日 火曜日

腰痛(脊柱管狭窄症)

脊柱管狭窄症の主訴は下肢の痺れ。そして、特徴的なものに、間欠性破行があります。数十メートル歩くと、腰、足の痺れで、歩けなくななりますが、数分後、休むと、また、歩けるようになる、その繰り返しという症状です。腰椎付近の老化、劣化なので、高齢者の腰痛で、若者には、なりにくいです。手術を勧められるまえに、リハビリで治療。当院では、腰痛治療器、プロテックで、運動療法。効果を出しています。成績はよく、患者さんには、喜ばれています
腰痛,交通事故の接骨院,鎌ヶ谷市の岡崎整骨院でした


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 岡崎整骨院

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒273-0134
千葉県鎌ケ谷市西佐津間1丁目19−27 ハイツ岡崎
(ホームページを見たとお伝えください)

【電話番号】
047-498-5556

【受付時間】
9:00~12:00
15:00~20:00
※土日は午前のみ

お問い合わせ 詳しくはこちら