体・健康豆知識

2021年9月16日 木曜日

腰痛について7

腰痛シリーズも久々、7回目の投稿。いきます。器質的疾患の椎間板ヘルニア、分離症すべり症、脊柱管狭窄症と記述する中で、ヘルニアは前屈制限、すべり、狭窄症は後屈制限と大まかに分けられますが、坐骨神経痛を伴うケースがあり、下肢にしびれのある症状の全てに効果のあるのが、「カエル足体操」。仰臥位にて股関節外転外旋位。片方ずつ行ってから、両側にもチャレンジ。腹臥位でもチャレンジして足を上下に動かしながら下肢の筋肉のストレッチを行うと良いでしょう。そこから派生してダイエットにはワイドスクワット、ちょうど四股立ちのイメージとなるでしょう。空手の型、、、、
腰痛治療の整骨院、鎌ヶ谷市の岡崎整骨院からでした


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 岡崎整骨院 | 記事URL

2021年9月14日 火曜日

星状神経節とは

image1 image2

自律神経、頚部にある交感神経節の一つである星状神経節は第一胸椎の横にあります。神経ブロック注射をすると様々な症状が緩和することで知られています。当院は星状神経節ブロックとしてレーザー照射(スーパーライザー)を行います。ペインクリニックでも使用されています。又、患者さんに指で軽く揉んで頂いても自律神経が整う事を勧めています。喉元ですので、むせるほど押さないようお気をつけて。
鎌ヶ谷市の整骨院、六実駅、高柳駅が最寄りの岡崎整骨院からでした


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 岡崎整骨院 | 記事URL

2021年9月10日 金曜日

エンドフィールについて

エンドフィールとは関節を最終域まで動かすと、何らかの原因により動きが制限される感覚があります。これを最終域感、エンドフィールといいます。分類され、①骨性(骨と骨がぶつかる抵抗感)、②関節包性(靭帯や関節の深部が引き伸ばされる抵抗感)、③軟部組織性(関節周囲の筋や軟部組織の表層で感じる抵抗感)、に大きく分けられます。リハビリでストレッチをする際に抑えておくべき終末感覚。筋スパズム(筋緊張)、弾性の有無、心因性(心理的要素)。診断が問われます。臨床で鍛えていく事はスポーツと一緒だと感じるタイプです。
スポーツ医療、リハビリテーションの整骨院、鎌ヶ谷市の岡崎整骨院からでした
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 岡崎整骨院 | 記事URL

2021年8月30日 月曜日

体組成について

最近の体重計は体組成が簡単に計測できます。体重、体脂肪率、基礎代謝量、内臓脂肪レベル、筋肉量、骨量、水分量。充分です。充分すぎたかもしれません。男女比、年齢差によって基準は変わりますが表記致します。成人男性において標準値は体脂肪率(18%~20%)、筋肉量(40%)、骨量(2.5kg)、水分量(55%~60%)、基礎代謝量(1400Kcal~1600Kcal)。成人女性の標準値は体脂肪率(25%~28%)、筋肉量(34%)、骨量(2.1㎏)、水分量(50%~55%)、基礎代謝量(1100Kcal~1300Kcal)。そして肥満指数(BMI)は22、内臓脂肪レベルは9.5以下となります。子供、高齢者となると体組成の変化は大きく変わっていきますが、数字を紐解くと筋肉量が基礎代謝に影響があることがわかったり、体脂肪が寿命に何らかの影響があったりと。また、心拍数が多いと寿命が短いのですが(ラットとの比較)、基礎代謝に表れていたりと面白いです。
ダイエットプログラムメニューのある整骨院、鎌ヶ谷市の岡崎整骨院からでした。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 岡崎整骨院 | 記事URL

2021年8月20日 金曜日

脊柱管狭窄症について

間欠性破行(50メートル程も歩くと下肢のしびれ等で歩けなくなるが休むとまた、歩ける症状)が特徴の脊柱管狭窄症。背骨、椎間板、黄色靭帯で囲まれた神経が通るトンネルである脊柱管が、それらの変性、肥厚によって狭くなり神経が圧迫されたり、血流障害によって引き起こされます。腰椎の前湾、即ち反り腰で痛みが増幅します。前屈みだと楽だったりします。30年くらい前は椎間板ヘルニアと同等の扱いをされていましたが、理学療法、リハビリのアプローチが逆で、違うので、全く分けられています。ヘルニア同様、手術は最終手段、ストレッチによって改善が可能です。大腿四頭筋、ハムストリングス(半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋)、大腿筋膜張筋、腓腹筋と反り腰の改善を図り、椎間板の除圧と血行促進でストレッチです。整体、カイロプラクティックの可能性を探っていきましょう。当院で導入、プロテック(浮腰式腰痛治療器)有効です。
腰痛治療の整骨院、鎌ヶ谷市の岡崎整骨院からでした


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 岡崎整骨院 | 記事URL

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒273-0134
千葉県鎌ケ谷市西佐津間1丁目19−27 ハイツ岡崎
(ホームページを見たとお伝えください)

【電話番号】
047-498-5556

【受付時間】
9:00~12:00
15:00~20:00
※土日は午前のみ

お問い合わせ 詳しくはこちら